テーマ 「障がい児の自立について~皆成学園の取り組み~」

発題者 鳥取県立皆成学園 保育士 足立 渉氏
期 日  平成22年3月12日(金) 18:30~20:30
◆開催場所◆
皆成学園 会議室 (倉吉市みどり町3564-1)
◆参加費◆
会員・・・無料
非会員・・・参加費500円 (その場で入会できます。その場合、会員扱いとなります)
◆申し込みの方法◆
参加を希望される方は、小坂までご連絡ください。ご参加お待ちしております。
〔連絡先〕 因伯子供学園 小坂宗司(鳥取養育研究会 運営委員)
TEL 0858-22-2639(代表) FAX 0858-47-0234
Eメール inpaku-2@mountain.ocn.ne.jp(@が大文字なので小文字に直してください)

今回は「障がい児の自立」をテーマに知的障害児施設鳥取県立皆成学園での取り組みについて報告していただきます。
皆成学園では知的障害児の自立への取り組みとして「しゃかりきダンススクール」を余暇活動に取り入れておられます。ダンススクールに参加し経験して変わっていく児童の姿、またそれに寄り添って支援していく大人は「児童の自立」をどう見ていくのか。
知的障害児施設でも被虐待児の入所が増加する中、入所児童が主体となる施設生活とはどういうものなのか?そこから大人に求められる事はなんだろうか?など、報告の中から考えていきたいと思います。昨年、倉吉未来中心で行われたダンスパフォーマンス大会の映像を視聴しながら一緒に語りませんか