月 日 テーマ 目的 講座 講師 時間
平成29年 5月8日(月) 里親支援活動状況発表 社会福祉法人鳥取こども学園の里親委託推進・支援等の活動を法人内の職員に周知し、里親支援等の活動への理解を深めると共に里親委託移行への推進を図る。 法人の里親支援と里親委託推進の概要 鳥取県内の里親活動・支援機関の活動 事例を通じた乳幼児・学童期児童の里親委託移行支援のあり方 里親から見える法人の里親支援 里親支援とっとり 鳥取こども学園乳児部:里親支援専門相談員 鳥取こども学園:里親支援専門相談員 鳥取県里親会東部地区里親会 13:30~15:40
意見交換 15:40~16:00
日本型社会的養護における里親活動のあり方 鳥取こども学園 理事長 藤野 興一 16:00~16:30
平成29年 7月11日(火) ケースワーカーとケアワーカーの違いについて ケアワーカーであった職員が、ある時からケースワーカーの働きをしなければならない状況(人事異動等)があるが、実際にどのような働きをすべきか、ケースワーカーの基本的な働きを知ることとともに、施設内での地域と関わりのある部署での取り組みを理解する。 ケースワーカーとケアワーカーの違いについて 鳥取こども学園 希望館 館長 西井 啓二 10:00~11:30
法人内のショートスティ、トワイライトステイ、一時保護への取り組みと子育て支援センターでの取り組みについて 一時保護所:ホーム長 川口美由紀 乳児院:ホーム長 渡美由紀 児童心理治療施設:ホーム長 山本詩織 子育て支援センター:保育園担当職員 12:45~14:45
事例検討 グループディスカッション 各施設から事例を出してもらい検討 14:55~16:00
平成29年 9月12日(火) 支援の姿勢、面接と記録のスキルについて ケースワーカーとしての知識や視点、また、ケース記録の書き方など基本的な業務を理解する。 また、他者と関わるうえで、支援者の価値観はアセスメントの基準になっている。自分の関わり方の特徴(価値観や感じ方、癖など)を理解し、より他者理解を深める方法を学ぶ。 相談支援の基本姿勢 子ども家庭支援センター「希望館」 ソーシャルワーカー 岸田 有加 10:00~10:30
ケースワーカーの業務のスキルを学ぶ (インテーク、アセスメント、記録の取り方など) 子ども家庭支援センター「希望館」 所長 西井啓二 10:30~12:00
面接の基本的なスキルを学ぶ (他者理解と自己理解) 児童相談所 元所長 花川 治応 氏(予定) 13:00~14:30
ワーク・グループディスカッション 14:40~16:00
平成29年 11月14日(火) ケースワークの視点について 施設のファミリーソーシャルワーカーの働きを知るとともに、地域資源の活用の流れを理解し、自分の役割を整理する。 ファミリーソーシャルワーカーの働き 乳児院:FSW 園田秀幸 児童心理治療施設: FSW 水野壮一・FSW 山名康之 児童養護施設: FSW 山本隆史・FSW 前田佳寿美 10:00~12:00
要保護児童対策地域協議会について 鳥取市子ども発達・家庭支援センター 13:00~14:30
事例検討 グループディスカッション 各施設から事例を出してもらい検討 14:40~16:00
平成30年 1月9日(火) 地域資源を知る (制度や活用方法) ケースを動かすなかで、施設外の資源活用を検討するケースも出てくる場合もある。そのうえで、どのような制度があり、どう活用したらいいのかを理解する。 活用できる地域の制度 自立支援ホーム 鳥取フレンド 寮長 内藤 直人 10:00~11:30
非行・虞犯などへのケースワーク 鳥取こども学園 希望館 FSW 水野 壮一 12:45~14:15
事例検討 グループディスカッション 各施設から事例を出してもらい検討 14:30~16:00