鳥取養育研究所 / NPO法人子どもの虐待防止ネットワーク鳥取 / 鳥取県児童養護施設協議会

■ワークショップ開催要綱

第6回子どもと施設の権利擁護全国ワークショップ

第6回子どもと施設の権利擁護全国ワークショップが次のとおり開催されます。
みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

PDFで詳細を確認されたい方はこちら

日 時:平成29年6月14日(水)~16日(金)
場 所:とりぎん文化会館
対象者:全国の乳児院・児童養護施設・児童心理治療施設・児童自立支援施設・母子生活支援施設・
自立援助ホーム、児童家庭支援センター等の職員、全国の児童相談所職員等
定 員:100名程度
日 程:

第1日目

平成29年6月14日(水) 受付時間 【12:30~13:00】

(1)開会【13:00~13:05】
主催者あいさつ・オリエンテーション
(2)基調講演「子どもの権利と社会的養護」【13:05~14:50】
児童福祉施設での子どもの権利擁護の実情を踏まえ、児童養護施設「鳥取こども学園」の実践を基に社会的養護における子どもの権利擁護のあり方と役割を提言します。
講師:藤野興一(児童養護施設鳥取こども学園長・全国児童養護施設協議会会長)
(3)講座1 【15:00~17:00】
テーマ「子どもの発達と権利擁護」
「子どもは発達可能態である。」と権利条約では、表現しています。「権利の主体としての子ども」と発達は切り離せない議論です。発達心理学の視点で権利擁護の基礎となる子どもの意見表明の理解の仕方やその権利擁護を学びます。
講師:田丸敏高(福山市立大学教育学部教授(発達心理学))
第2日目

平成29年6月15日(木)

(4)講座2 「子どもの権利条約って何?」【9:05~10:30】
知っているようで知らない子どもの権利条約の全体と重点的な項目を子どもの施設での生活を基礎として学びます。たくさんの疑問・質問にお答えします。児童福祉施設内での子どもの生活を基礎とした権利擁護の考え方とその方法を学びます。
講師:大田原俊輔(弁護士法人やわらぎ代表、弁護士・CAPTA理事・鳥取県弁護士会会長)
(5)講座3 「施設で生活する子どもの権利その1」【10:40~12:00】
施設内虐待の被害体験者として施設で生活する子どもの視点で見た大人像。そして、救出の経過をたどって大人の役割を学びます。
講師:米田怜美(鳥取養育研究所運営委員長)
(6)トークとワーク(五つのトークテーマの中から選択してください。) 【13:00~16:00】
様々な場面を想定して子どもと施設の権利擁護のあり方、方法を学び合います。5つのテーマの中から興味のあるトークグループをお選びください。
■1stTalk  新しいホーム(地域小規模)の生活を組み立てる。
「もしも」新しいホームを開設するなら、どのようなルールが必要か、子どもの意見はどこまで取り入れるの?お部屋は?、備品選びは?どうするのでしょうか? 実際にやってみましょう
■2ndTalk 子ども裁判をやってみよう
「もしも」判事、検事、弁護士を子どもが、原告や被告を子どもや職員がやったらどうなるのでしょうか。子ども判事は、職員をどう裁くのでしょうか。そして罰は?
■3rdTalk  乳幼児のお小遣いの使い方、お洋服の選び方
「もしも」乳幼児が意見表明権を発揮したら。お小遣いを使えないで貯金ばかり増える子がいます。これってどうしたらいいの? 乳幼児の権利とアドボカシーってなんだろう。
■4thTalk 体罰と罰は違うの? 叱るって罰なの?
体罰だけが罰ではなく「叱る」というのはすべて罰なのですね。「叱り方」「罰の与え方」って、とても難しいのです。施設職員はどうすれば良いのでしょうか?
■5thTalk 私の施設のちょっと変わったルール(きまり・規則)
「このルールちょっとヘンじゃないかなぁ」と思っている人、集まってください。「他の施設はどうしているのだろう。」、「もしも」改編するならどうやったらいいのだろう。
ファシリテーター:事務局
(7)トークとワーク(全体発表) 【16:00~17:00】
第3日目

平成29年6月16日(金)

(8)講座4 「施設で生活する子どもの権利その2」【9:05~10:30】
子どもは何故? 施設で生活をしなければならないのか?。施設で生活すると何故、職員の指導に応じなければならないのか?子どもの生活を基礎とした権利擁護の考え方とその方法を学びます。
講師:西井啓二(鳥取こども学園希望館館長)
 (8)意見交換【10:40~12:00】
参加者の所属する施設の実情に応じた施設内での展開の方法や参加者自身の気付き等を共有します。
(9)閉会【終了予定12:10】
主催者閉会あいさつ

参加費:1人につき12,000円(資料代等)鳥取養育研究所々員10,000円
※1 申し込み受付後、振込先口座等をお知らせします。
※2 交通費・宿泊費・昼食代等は参加者の自己負担となります予めご了承ください。
申込はこちらから

※FAXまたはメールでお申し込みの方は申し込み用紙をダウンロードしてお申し込みください。
申し込み用紙ダウンロード(Word形式)

主 催:「社会福祉法人鳥取こども学園鳥取養育研究所」、「鳥取県児童養護施設協議会」
「NPO法人子どもの虐待防止ネットワーク鳥取(CAPTA)」

後 援:厚生労働省・一般社団法人日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)・全国児童養護施設
協議会・全国母子生活支援施設協議会・全国自立援助ホーム協議会・全国乳児福祉協議会・
全国情緒障害児短期治療施設協議会・全国児童自立支援施設協議会・全国児童家庭支援セン
ター協議会・鳥取県弁護士会・鳥取県社会福祉協議会・鳥取県・鳥取市

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 鳥取養育研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.