第1回・第2回

講義:知的障害、自閉症、発達障害など発達上のトラブルを抱えている子どもたち、福祉の観点から支援を必要としている子どもたち等への関わり方について、1990年にWHOで謳われた障がいの定義からもう一度学び直し、養育の場面で関わり、支援する側の心構えについて考える。

実践検討:第1回(講義のみ) 第2回(未定)

第3回・第4回

講義:知能検査・発達検査の検査結果と、検査結果を支援や関わりに活かすためにどのように読み込むか。また、検査の結果を受けて生活の場面で関わる者や、支援者が実際にどのように関わっていくのかについて

実践検討:(未定)

第5回

講義:子ども自身、または親の障害受容について

実践検討:(未定)

「語る会」活動報告

第2回

10月18日(日) 15:00~17:00

準備会

8月は「語る会」開催のための準備会(8月2日(日):倉明園にて)を行いました。会の趣旨や方向性について細かに話合い、今後の活動について参加者で議論しました。

第1回

9月6日(日)に第1回「語る会」を倉明園にて開催しました。